間違いない保存食選び
美味しい保存食。食べるならこれで間違いなし。

Pages

保存食とはどういう時に便利なのか

地震や津波などの災害が起きたら避難所に避難する場合も多いものです。但し家屋などが倒壊したり流されたりした場合には避難所へも道が分断されて取り残されることもあり得ます。

避難所へ避難できた場合にも、備蓄の飲料水や食料があれば助かりますが、そうでない場合には援助を求めることになります。備蓄する場合には災害の種類や場所、規模によって3日分から1週間分という場合が多いものです。連絡も取れず電気、水道、ガスが使えなくなった場合には暫くの間は飲料や食料が手に入らない場合もあり援助を待つことになります。

津波や洪水の場合には家の中の食料品をあてにすることはできません。しかし地震の場合には何とか冷蔵庫の中に食料品が残っている場合もあります。各家庭や1人1人の状況が把握できない場合もありこういう時に備えて保存のきくものを備蓄しておくと助かります。

保存食は以前に比べるとバラエティに富んだものが販売されるようになり、色々な形で揃えられるようになりました。できたら飲み水は1日当たり3l、栄養は1日当たり2400kcalぐらいは確保したいものです。

昔交通がまだ不便な折に、運搬手段や先のことを考えて生活の知恵として国民は色々工夫して来ました。主食の米は運搬に便利で日持ちし、中でも干し椎茸や高野豆腐、餅など現在でも重宝されています。味噌、醤油、砂糖は調味料には必要ですし、昆布やわかめ、ヒジキ、干しかんぴょう、切り干し大根、魚の干物や燻製、外国では蜂蜜やチーズなどがよく食されて来ました。日本の食は元来これでで乗り切ってきたとも言えます。
近代に入って缶詰や瓶詰めを始めとしてレトルト食品や冷凍食品、インスタント食品や宇宙食まで発展して来て非常時に利用されるようになって来ました。

缶詰は特に種類も多く、パンの缶詰、カンパン、ビスケット、缶入りのスープやお味噌汁の缶詰、乾燥餅、スープやシチュー類も手に入ります。飲料水は5年、野菜ジュースは3年、他も消費期限が印字されているので、期限内に使いまわしして行くことが期待されます。企業には保存食3日分ぐらい備蓄される傾向にあり、公園などの公共の場においても災害時に備えて保存水が備蓄されているところもあります。

これは帰宅困難者が出た場合に人の移動が制限されて渋滞も起こるという想定のもとに自治体によって配備されたものです。

保存食も火と水が使用できないという場合には電気を使わずにどこでも沸かせるポットもありますので重宝します。